6月の記録

投稿日: カテゴリー: 千葉ピアノ教室の日々

梅雨の季節ですね。
私はこの時期が好きです。

生まれ育った街の線路沿いの土手に、紫陽花が等間隔で植っていました。
淡色の細かい花弁に雨粒が踊り、青臭い若葉と湿った土の匂いが相まって、
私の五感を震わせてくれました。
よく遠回りをしてこの道を通ったものです。
今でも梅雨の頃になると、当時と同じ感覚が蘇ります。

生徒たちが大人になった時、今年この時期をどんな風に思い起こすのでしょうか。
リモートレッスンに切り替えて二ヶ月。
画面に映る生徒たちはいちように元気にみえますが得体の知れない不安が
通奏低音のように心の底を覆っていることでしょう。
どうか、束の間でもいいのです、
目を瞑り深呼吸をして、音や匂いや空気を感じて欲しい。
自分の中に何者も立ち入れない秘密の世界を見つけて欲しいです。
そして大人になった時、2020年が決して辛いだけで無かったと思ってほしいです。

穏やかな日常が戻りますように。

あじさい