年の瀬に

投稿日: カテゴリー: 千葉ピアノ教室の日々
[千葉ピアノ教室]年の瀬に

2020年もあとわずか

今年は辛い年でした。

じっと我慢を強いられ、卒業式や入学式すら出来なかった年。

そんな年ももうすぐ終わります。

わたしの教室も毎年12月の大イベント「ピアノおさらい会」を断念し「オンライン発表会」と銘打って先日、演奏動画を撮りました。
形は違ったものの、演奏前の緊張感と演奏後の安堵の様子は一緒ですね。
来年は普通に日常が送れる年にと祈らずにはおれません。

さて、来年は年明け4日からレッスンです。

1月末にはコンクール入賞者コンサートが控えており、出場する生徒さんたちは特訓モードに入ります。
2月にはドリカムピアノコンクール。
今年は8名の生徒さんが挑戦の名乗りを上げてくれました。
こうした生徒さんたちの前向きな姿勢が教室全体の士気を押し上げてくれています。

良いお年をお迎えください。

就学前レッスン生を若干名募集します

投稿日: カテゴリー: 千葉ピアノ教室の日々

新しい年が始まりました。
先週からレッスン、スタートしています。気持ちも新たに、指導に励んでまいります。

先月24日に発表会が無事、終了致しました。
9月半ばから生徒たちはそれぞれの演奏曲に取り掛かり本番では、立派な演奏をお客さまに披露することができました。
とても嬉しかったです。
これもひとえに、生徒たちの努力そして、お家の方々のご協力のおかげです。
ありがとうございました。

生徒たちの中には、次回の発表会に弾きたい曲リストを作ってくるなど、嬉しい発表会効果も出てきています。

募集のお知らせです。
4月からのレッスン時間編成を前に、就学前のレッスン生を若干名募集します。

これからピアノレッスンをお考えの方、お問い合わせくださいませ。

千葉ピアノ教室「おさらい会」北九州芸術劇場小劇場

発表会を終えて

投稿日: カテゴリー: 千葉ピアノ教室の日々
発表会を終えて

早春の陽射しが沈静した空気を徐々に溶かし、色づく季節への期待が高まっています。

昨日、ある生徒さんが所属する劇団の公演にいってきました。
演目は現代劇で現在、日本が抱えている問題を背景に子供たちの友情を扱ったものでした。
舞台に立つ生徒の堂々とした様子に感激しました。
これからの成長に胸が躍ります。

さて、長くブログの更新をさぼってしまいましたが、発表会を無事終えることができました。
今回、会場の都合で新年早々の会になってしまいましたが、秋以降繰り返し行った追加レッスンにも根を上げず励んでくれたことが結果に結びつき、みんな大きく成長した演奏を披露することができました。
また、連弾を引き受けて下さった多くのお母さまたちの奮闘にただただ感謝です。

こうして成長していく子供たちを傍らで見守ることに大きな喜びを感じ、かみしめています。
みんな、ありがとう。